MENU
巨女動画の宝庫【DUGA】おすすめ!
DUGA
イズム

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

【身長205cm】巨女ガリバー ランボリーナ 【体重182kg】

205cmamazon
女優名rambolina
身長
205cm
体重182kg
3サイズ146cm/125cm/146cm
足のサイズ31cm
Twitter@TallRambolina
facebookTallrambolina
得意プレイ巨体で圧殺

\詳細ページはこちらから /

サンプル動画案内

こちらの公式サイト内の(ICD-220)からより詳しいサンプル動画が見られます。

身長はなんと205cm!正面に立つ男優さんの目線がランボリーナのお腹の位置になるという異次元の巨体を誇る超巨女!

パッケージ画像でもふくらはぎが男優さんの胴体くらいあり、もはや同じ生物とは思えないレベルの体格差で戦慄すら覚える迫力を放っています。

公式ページのサンプル動画にもあるんだが、あまりの巨体、そして迫力に男優さんが完全に固まってしまってるんだ。まるで巨大な大人に叱られる子供のように…

そんな巨体のランボリーナさんは、日本が大好きな様でセッションの為に何回も来日してくれているそうです。

日本での写真がまた豪快で大迫力!身長205cmで体重182kgの超巨体には、まるで小人の国の様に見えているのかもしれません、、、

和室でのGiantessっぷりはまさに怪獣のようで、なじみのある空間にこの巨体がいるというだけで巨女フェチにはたまらない一枚ですね。

giantess amazon rambolina
giantess amazon rambolina japan

て、天井ってこんなに簡単に触れたっけ?
手が届くような気すらしないくらいの高さだと思ってたんだけど、気のせいかな、、、

こちらのサンプル動画は、共演の女性が身長188cm、体重125kgという事で紹介されていましたが、ランボリーナの前では、少女のように見えますね(汗)

それでは、超巨体のアマゾネスに蹂躙される恐怖、迫力、絶望、そして快感。<br data-rich-text-line-break=”true”>規格外の巨女、ランボリーナの世界をどうぞお楽しみください。

目次

怪獣の様な巨女、圧倒的な怪力で男を破壊する

「You’re so small♡, would you like to compare the size of your hands?」

「へぇッ??」

ドイツ系の造形の深い顔立ちの女性は、太く、艶のある声で男に威圧感を感じさせる。
その迫力は腹の底に響くような恐ろしさを感じさせ、小動物の様な男の鼓動を高鳴らせた。

身長205cm、体重182kgの巨体の彼女は、男を見下ろし、微笑みながらその大きな手を密着させる。

「す、すげぇ、、、」

息を飲むような迫力、その巨大な手の迫力に震えが止まらない、、、

「こ、こんな手で襲われたら、どうなってしまうんだ、、、」

「What?♡」

メキィッ!!!ミシミシッ!!!

「うぐぁッ!!!ひ、ひぃぃ、、、」

「Ha~nn?♡」

見上げるほど巨大な彼女の身体、その豊満な身体は強引に男を引き寄せ、首根っこを力いっぱい握り締めた。

ギリギリと骨の潰れそうな感触に恐怖を感じながら、男はこの大熊のような女性を刺激しない様に静かに耐えている。

その様子を満足そうに眺めながら微笑む彼女、今まで幾人もの男達を握り潰した喜びと期待が思い出され、つい笑みがこぼれてしまうのだろうか、、、

「Wow~♡Are you scared?♡」

「うわわわわッ!!」

ふわっ、、、

巨大な身体を折り曲げ、中腰になって子供の顔を覗き込む様に男の様子を伺うランボリーナ、すると突然その巨大な手を男の脇に差し込み、そのまま腕のちからだけで持ち上げてしまった。

男はまるでおもちゃでも扱うように軽々と持ち上げられ、振り回される。

大きな大人にあやされているような感覚、反抗すればどんな目にあわされるのか、彼女の気分次第で肉塊に変えられる事も容易に想像させられる、、、

「you are cute♡」

ミシッ!!ミシッ、、、

ランボリーナはそのまま男を持ち上げたまま、巨大な身体で床を踏み鳴らしながらキッチンの方へと移動する。

彼女の首の位置ほどしかないドア枠を、かがんで潜り抜けながら、ノシノシと歩く。

まるで怪獣の移動のような迫力に男は抵抗の意志を削ぎ取られていく、、、

「Do you have anything to say?」

「ノ、ノ~、、、」

グシャアッ!!!メキッ!!メキィッ!!!

「うぎゃあああッ!!!」

ランボリーナは男を服従させる為にさらに徹底的に追い詰める。

その巨体を使って男に自分の強さを分からしめ、反抗すれば命はない事を暗に伝えていく、、、

男は容赦ない182kgの超巨体に潰され、破壊され、恐怖の底に沈んでいく、、、

「や、やめてください、、、しんじゃう、、、」

「Shut up!!!」

グシャアッ!!!メキメキッ!!!!

「ぐぅぅぅぅッ!!!!」

圧倒的な身長差により、男の視界には振り返ったランボリーナの腹しか映っていない。

その腹に押し込まれる形となって、男は押し寄せる壁に潰されるように圧縮されていった、、、

「Great ♡ I feel good♡」

ドシャッ!!!グチャッ!!

「ひぃぃッ!!」

ランボリーナは男を腹の肉圧から解放すると、強引に床にねじ伏せた。

目の前をパチパチと黒い点が飛び交う、、、

目を開けると、想像を絶する光景が目に飛び込んできた。

182kgを誇るランボリーナの大足が自分の目の前に迫ってきていたのだ、、、

グシャアッ!!!メキィッ!!ミシミシッ!!!

「うぐぐぐッ!!!うぅッ!!」

「Fu~♡Fight~♡」

ミシミシッ!!メキィッ!!!

「ぐわぁぁぁッ!!!!」

その31cmの大足で容赦なく踏み潰しながらランボリーナは気持ち良さそうに微笑んでいる、、、

感じた事のない巨大な圧力を感じながら、俺の記憶はそこで途絶えた、、、

\詳細動画はこちらから /

Fantasy Wrestling

身長205cm、体重182kg、その身体はまるで怪獣のよう、、、

ただ腕で引き寄せるだけで、ただのしかかってみるだけで、ただ踏みつけてみるだけで、

普通の体形の男はまるでおもちゃの様に蹂躙される。

潰され、投げられ、締められ、破壊される、、、

女王様の破壊的なお遊び

安い香り漂うホテルの一室で、その宴は開かれた。

小さな部屋には不釣り合いな巨大な女王様、身長205cm、体重は182kg。

目の前にすればまるで巨大なヒグマの様な迫力、ロシア出身の濃い顔立ち、低く太い声は男達を恐怖の底に陥れる。

招集された男たちはパンツ一丁の恰好で、その巨大な彼女の命令を待っていた。

心臓は高鳴り、声は喉をうまく通らない。

この後、自分たちに起こる惨状を想像してしまうと、どうしても身体は震えが止まらず、うまく動く事を許してはくれない。

「リラックスしていいわ、なにも私はあなた達を破壊したいわけじゃない。」

「一緒に遊びたいだけなのよ♡」

優しく微笑みながら語りかけるランボリーナに胸をなでおろし、ほっと一息つく男達。

気が緩んだのか、大きなものが大好きな男の性分が湧き、ランボリーナのサイズを測ってみたい衝動にかられた。

男達は決死の覚悟でその願いを巨大な彼女へ向けてみる。

「すいません、、、あなたのその、身体のサイズを、ちょっと測ってみるのはだめでしょうか?」

一瞬の間を置き、巨大な身体をゆっくりと折り曲げると、男の顔を覗き込み、巨大な彼女は微笑みながら口を開けた。

「いいわよ♡好きなだけ測りなさい♡」

歓喜の声をあげ、メジャーを取り出し、さっそく巨大な彼女の身体を計測し始めた男達。

その姿は、好奇心旺盛な子供のように、無邪気な活力をまとっていた。

山のように巨大な彼女の身体測定は困難を極めた、男達は身長が足りず、椅子に乗って背の高さを測ったり、二人がかりで腹囲や胸囲を測らなくてはならなかった。

男達が自分の身体を測るのに悪戦苦闘している様子を、ランボリーナは満足そうに微笑みながら見下ろしていた。

そういったひとつひとつの小さな所作の数々が、自分と男達との生物的なちからの差を実感させ、支配下においているという感覚をより一層強く感じさせていたのだろう、、、

「ふ、ふくらはぎは67,5cm」

「おれの腹囲とおんなじくらいだ、、、」

「ふふ、太腿は87cmよ♡」

「こんなおおきな太腿で挟み込んだら、どうなってしまうんだろうね♡」

「えっ、、、や、やめ、、、」

ガシッ!!!ぎゅうううううッ!!!メキメキィッ!!!

「ぎゃああああッ!!!」

ランボリーナはその巨大な太腿の間に男を挟み込み、容赦なく力を込め、潰してしまった。

その破壊力は、まるで砕石機に巻き込まれた物体の様で、ぶっとい太腿に挟まれ、肉の海に沈んでゆく様子は、残酷な姿だった、、、

「ひぃぃぃッ!!!たすけてッ!!!」

「ノー♡楽しみはこれからよ♡」

楽しそうに微笑みながら巨大な身体で威圧するランボリーナに怯え、震えが止まらない男達。

丸太のような太く逞しい腕で男をひょいっと持ち上げると、無造作にソファに投げつける。

バウンドしながらソファに仰向けでセットされた男に、ランボリーナはズシンと寝そべるようにのしかかった。

182kgの強大な圧力が小さな男の身体を襲う。

少しキメの荒い、ランボリーナの熟成された肌を通して、強大な肉の雪崩に巻き込まれる。

呼吸はできず、全身の血流は止まり、身体全体がしびれてくる。

男は必死に助けを請うが、口笛を吹きながら圧迫する様子を楽しむランボリーナに解放の兆しはない、、、

「うぐぐぐッ!!!ぶはぁッ!!!はぁ、はぁ、、、」

「も、もうムリです、、、たすけて、、、」

「ネクストステ~ジ♡どんどんいくわよ♡」

「覚悟を決めなさい♡」

ぐっしゃあッ!!!!メキッ!!!メキィッ!!!

「ぎゃああああッ!!!」

男の懇願むなしく、ランボリーナは容赦なく顔面に座り込み、182kgの巨大な身体で敷き潰した。

ソファのギシギシと悲鳴をあげる音と共鳴するように、男の悲鳴が小さな部屋に響き渡る。

足をバタつかせ、必死のちからでランボリーナの巨大な尻から抜け出そうと試みるが、全く動く気配はない。

リビングでくつろぐ様な仕草を見せるランボリーナの巨大な尻の下で、命の危険を感じながら悲鳴をあげる男の対比が異様な光景を作り上げている、、、

「クライマックスよ♡」

「これでお別れね♡」

「え、どういう意味、、、」

ぶんっ!!!どしゃッ!!

「ぐわぁッ!!!」

ランボリーナは怪力で男をベッドに投げ飛ばし、男はおもちゃの様にベッドの上をバウンドする。

車にはねられた様なちからで投げ飛ばされた男が、正気を取り戻し、目の前に意識を向けなおすと、そこには微笑みながら仁王立ちでそびえ立つ、巨大なランボリーナの姿があった。

「いくわよ♡」

「え?や、やめ、、、」

グッシャアッ!!!!グチャッ!!!メキメキィッ!!!

ランボリーナは182kgの巨体で、ボディスラムの様に男に飛び乗ってしまった。

まるでクジラのジャンプを下から見ているかの様な光景が目に映った直後、爆弾に巻き込まれたかの様な破壊力が男の全身を襲った。

大きなベッドの聞いた事の無いようなきしむ音が部屋中を包み込み、男の悲鳴と身体の骨や肉が潰される音が爆発音のように響いた、、、

ビクッ!ビクッ!!ビク、、、

「次はもっとタフな男を用意しないと駄目ね♡」

「これくらいで壊れてしまうと遊びにもならないわ♡」

全身を潰され、ピクピクと痙攣する男を見下ろしながら、ランボリーナは自分の身体の強大さに酔いしれていた。

次の男を潰すことを楽しみに微笑み、壊れてしまった男の始末を満足気に命令しながら、、、

\詳細動画はこちらから /

【超巨大】ランボリーナとのくらべっこ

陽気にはしゃぐ小さな褐色の女の子、どれだけ元気いっぱいに振る舞ってもランボリーナが立っているだけでそのエネルギーは打ち消される。

巨大な身体から放たれる威圧感、太くデカい声、その全てが小さな女の子を蹂躙するには有り余りすぎるパワーを秘めている。

じゃれあっているだけでもその圧倒的なちからの差を見せつけられ、巨大なパワーを誇るランボリーナに、畏怖の念を感じ得ない、、、

マッチングアプリで来た子はランボリーナ

「今日の出会い系で会う事になった子は外国人かぁ」

「ドイツの子は美人で可愛い子が多いって聞くから楽しみだなぁ」

ピンポーン、、、

「おっ、きたな、、、」

「はーい」

「ハイ♡元気?」

「えっ、、、」

玄関を開けた男の目の前には、そびえ立つ壁の様な巨大な女性が居た。

笑顔で見下ろしながら、ドアの縁を掴むその迫力は、まるでマンガの世界。

圧倒的な肉の威圧感が男の脳をパニックに陥れる、、、

「は、はぁ~い、、、」

「ら、らんぼりーなさんですか?」

「イエース♡部屋の中に入ってもいいかしら?」

「えっ、ちょ、ちょっとまっ、、、」

なんとか押し返そうとする男の抵抗むなしく、ちからづくで部屋に入り込んでくるランボリーナ。

そして入ってくるやいなや、男をちからづくでソファに沈め、自身の性癖を満たし始める、、、

「イエース♡わたし、男をこの大きな身体で支配するのが大好きなの♡」

「今日は付き合ってもらうわよ♡」

「えぇ、そ、そんな、、、」

「あなたに拒否権はないわ、力づくで拒否できるなら別だけど♡」

ランボリーナは巨大な身体で男を押し潰しながら、抵抗する術の無い事を諭していった、、、

圧倒的な体格差で、怪力で、支配しながら、、、

「私の足のサイズは31cmよ♡」

「あなたの顔のサイズより大きいわね♡」

「体重は182kg♡」

「どう?この足であなたの顔面、踏み潰してみるのは、、、」

「ぜ、ぜったいダメですッ!!!」

その巨大な足の裏を銃口のように男に向けながら、からかうように男に潰される未来を想像させる、、、

ランボリーナがその気になれば、あっという間に男の顔面は車に引かれたモノのようにグチャグチャに潰されてしまうだろう、、、

「ねぇ、レスリングしない?」

「わたし、大好きでいつも男と組み合って遊んでたの♡」

「い、いや、、、けっこうです、、、」

「そう言わないで♡」

「ちゃんと手加減してあげるから♡」

「い、いや、、、むり、、、」

男は子供に話しかける様に身体を屈め、彫りの深い顔で覗き込むその迫力に怯え切っていた。

震えながら拒否する男を見つめて、ランボリーナの男を壊してしまいたくなる欲求は止められなくなってきてしまっていた、、、

「いくわよッ!」

ズッシィッ!!!グシャアッ!!!

「ぎゃああああッ!!!」

何階級差あるかわからないほどの体格差がある中、182kgの超巨体とのレスリングが始まってしまった。

結果は見るも無残な有様で、男は徹底的に潰され、締められ、破壊されていく、、、

「やめて、、、たすけて、、、」

「な~に?聴こえないわ♡」

グンッ!!!メキィッ!!!グシャッ!!!!

「うぎゃあああッ!!!」

ランボリーナはその大きな手を握り込み、男の胸にセットすると、そのまま全体重を乗せて、男の胸を圧迫してしまった。

男はこの世のモノとは思えない悲鳴をあげ、その破壊力の凄まじさを物語る、、、

「こうやって男の自由を奪って息の根を止めるのも好きなの♡」

「むぐぐぐggggッ!!!」

無邪気に楽しみながらのしかかり、じゃれあっているようなランボリーナとは対照的に、死にそうな顔で必死に耐える男の悲劇が、その体格差の残酷さを見せつけていく、、、

「むがぁッ!!!はぁッ!!はぁッ!はぁ、、、」

「どう?楽しいでしょう?♡」

満足気に微笑むランボリーナの横で、どう返答すれば次の拷問が少しでも楽なものになるのかを思案する男の姿があった、、、

しかし、ランボリーナにそのようなつもりは全くない。

どんな回答であっても次に押し寄せる肉の拷問は、残酷で辛いものしかありえないのだから、、、

「た、たのしいです、、、」

「次は、苦しくない遊びが、、、いいです、、、」

「そう?私のじゃあ私のお尻で遊ぶのはどう?」

「おしりでどうやって遊ぶんですか?」

「どうしよっかねぇ♡」

巨大なお尻を男の目の前でちらつかせて、明らかに苦しそうな遊びを思い浮かべるランボリーナの表情に男は戸惑いの様子を隠せないでいた、、、

「じゃあこうしちゃおっと♡」

ぐっしゃあッ!!!メキメキィッ!!!

ランボリーナは男の懇願を無視し、その巨大な尻で男の顔面を敷き潰してしまった。

感じた事の無いような強烈な圧力を感じながら、男は絶望の淵を彷徨う、、、

口笛を吹きながら男を潰し、楽しんでいるランボリーナがまた印象的だ。

「た、たすけて、、、」

「もう虫の息になってるの?」

「なさけないねぇ♡」

「今日壊してしまうのはもったいないから、ちゃんと鍛えておくのよ♡」

「また来るからね♡」

「ひッ!ひぃぃぃッ!!!」

男を気に入ったランボリーナは、また来る事を宣言し、ゆっくりと支度をしたのち、満足気に口笛を吹きながら帰っていった、、、

男は急いで身支度をととのえ、すぐに引っ越しの準備をし、この町から消えていったという、、、

\詳細動画はこちらから /

最後に

身長205cm、体重182kg、巨女フェチの自分からしたら夢のような女性。

しかもそんな女性が、こういう性癖に寄り添った活動をしているなんて世界には夢が溢れていますね!

日本が好きでよく来日することも多いと聞くので、いつかセッションする機会が持てたら最高だなぁ~なんて妄想しちゃいます。

日本人に合わせた部屋の大きさの中、ランボリーナが生活をするとまるでマンガの世界に入り込んだような錯覚を感じさせられます。

プレイの最後にこの小さなキッチンで皿を洗ったりするシーンがあるのですが、いつも見る光景と違いすぎて、このシーンだけでヌケてしまいそうなくらいの迫力を放っていますよ!

また、かなりの怪力で男をぬいぐるみのように振り回す映像も巨女フェチの僕からしたらたまりません。

世界に目を向けるとホントにワクワクする様な光景が広がっていますね。

VRの没入感でこんな映像を体験できたら最高だなぁ、、、

rambolinaのSNS

無料動画は5回までの視聴制限があります。

関連動画を見てまわって、気に入った動画に出会っても、詳細を確認することが出来なくなってしまいます

しかし、無料登録すれば視聴制限が解除され、無制限に視聴することが可能!

アカウントを作ることによって、お気に入りの動画をマイリスト登録し、レーベル別やカテゴリー別に整理しておくことで好きな動画へのアクセスも簡単になりますね。

DUGA mylist

登録はカンタン!30秒ほどで終わってしまいます!

下記のリンクボタンから登録ページへ飛び、空欄を埋めていくだけですぐに視聴制限を解除することができます。

DUGAでの無料登録を完了し、マニアックな動画たちを存分に楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次