MENU
巨女動画の宝庫【DUGA】おすすめ!
DUGA
イズム

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

【太腿締め】超巨体の太腿特集【顔面破壊】

目次

イズムBLACK ~太腿の壱~

「おいッ…!キモチいいんだろッ…?なんとか言えよッ…!」

「うぐぐぐッ…!やッ…やめて……」

「なんでだよッ…!女の子の太ももだぞぉ…、しっかり味わえよッ…!」

グチャッ!グチャッ!グチャッ!

ふたりの豊満な身体に挟まれて虫の息の男……

生死の権利を握られ、どうすることもできない……

足裏からは、芳醇な激臭が立ち込め、グチュグチュの陰部からは、愛液と汗にまみれた粘り気のある液体に顔面が埋もれていく……

ふたりの巨体に蹂躙され、男の顔面は完全にキャパオーバー……

悲鳴をあげることも許されない壮絶な責め方に、男の尊厳は破壊され尽くす……

巨大な肉の雪崩に飲み込まれ、男の脳は完全に捻じ曲げられた……

もうまともな営みでは満足できない……

肉の海を目指し、今日もまた男は旅を続ける……

モチモチの感触、女性特有の良い香り、そして少し汗ばんだ人の臭い……

そんな艶めかしい大きな太腿が、目の前に迫りくる……

ふわっとした気持ちよさも束の間…

想像を超える重量が顔面を襲い、呼吸もできなくなってくる……

「あっ」と思った次の瞬間……

ズンッ!!!

大きなふとももに顔面が挟まれ、想像を超えたパワーで顔面が締め付けられていく……

ミシミシときしむ頭が、悲鳴をあげて…

意識がだんだんと遠のいてゆく……

もうだめだ…

そう思った瞬間…

そのやわらかで、強大なパワーを誇る巨大なふとももは…

ゆっくりと男の頭を解放してくれた……

男の身体を癒してまわる様に、大きくて、やわらかい巨大な身体が、身体の上を這うように滑っていく……

巨大な熊に遊ばれているような、その気になればぐちゃぐちゃにされてしまうパワーを優しさで隠し、男の身体をぬるぬると癒していく…

そして、男の身体が回復した様子を見た巨女は…

男を巨大なふとももの間に挟み、のしかかり…

また、新たな遊びを始める……

巨大な圧力になすすべのない男は、その強烈な香り、やわらかで、地獄のような重圧のある身体に圧し潰され

また、地獄と天国が入り混じる、意識のはざまを旅する事となる……

超巨体の太腿で圧殺し尽くす

自分の2倍以上はありそうな肉厚の巨体女性

組み込まれればひとたまりもない、圧倒的体格差で圧殺されてしまうだろう

絶対に敵わない、そんな恐怖を覚えるような迫力を放つ女性に、じゃれあうように圧迫される、、、

豊満なお腹に包まれ、視界を埋め尽くす太腿に挟まれ、身動きがとれない中、女性特有のやわらかさ、愛汁混じる匂いに、脳天が刺激される

もっちりとした肉厚のOLさん、家に誘われ行ってみると、いきなり性癖全開、会社での凛とした振る舞いとは一転、パンツをグショグショに濡らし、部屋に入るやいなや、いきなり顔をふとももで挟まれ、物凄いちからで締め上げられる

「こういうの好きなんでしょう?私、顔見たらわかっちゃうんだよね~♡」

「うぐぐぐ、し、死んじゃう、、、」

「大丈夫♡死ぬ直前でちゃんと緩めてあげるから、でも意識は飛んじゃうかも♡」

そう言ってそのもっちりとふくらんだ大きな太腿で、慣れた様子で男の顔面を締め上げていく、、、

愛汁にまみれた太腿、濡れたパンツ、きつい匂いを放ちながらも強大なちからで締め上げられ、男は逃げる事を許されない

興奮する女の声を聴きながら、男は意識が薄れ、強烈な匂いと頭が割れそうな圧力を感じながら、現実からすっと離れていった、、、

【174cm】鮎川志乃【152kg】

マシュマロドールという風俗店にも在籍している長身で超巨体の鮎川志乃さん

お店ではいずみという源氏名で出勤している様で、やさしく、限界ギリギリまで圧し潰してくれると評判の人気の女優さんです!

ちなみにこのマシュマロドールというお店は20年以上続く老舗で、現在は在籍10名という、智辯和歌山の様な少数精鋭で運営しているそうです。

さらわれたカップルが150kgの巨体に蹂躙される

体重は150kgを超え、太腿のサイズは人形をすべて包み込んでしまう程

怪力で振り回され、絶望の肉の海にいざなわれる、、、

人形の意志など関係なく、そのもろい身体を、有り余るちからで潰し、破壊していく、、、

もろい頭とは対照的すぎる巨大な太腿

この体格差で全力でちからを込めればどうなってしまうのか、、、

もしも自分の頭があそこにあったのなら、、、

視界を埋め尽くす肉の海、汗と愛汁にまみれた太腿

そして、あまりにも強大すぎるパワーに挟まれ、全てを支配されている、、、

150kgを超える体重が、あなたの頭を圧し潰していく、、、

人形が見えなくなってしまう程の巨大な太腿

あそこにもし頭があったのならば、、、

理性など吹き飛び、ただ助けを求めるだけのおもちゃの様になってしまうだろう、、、

人間の理性を消し去るほどの強大なちからに支配され、自然への畏怖のような自分のちっぽけさに気づかされる事となる、、、

怪獣のような、全てを破壊し尽くす迫力の体格に、容赦なく潰されるバランスボール

無言で、バランスボールの軋む音と志乃の息遣いだけがリズムよく響く、、、

ギシッ!ギシィッ!という音とともに150kgの体重をかけられたバランスボールは、軋み、ゆがみ、潰される、、、

それはヒグマに食べる前におもちゃにされ、グチャグチャにされる獲物の様な、心臓がキュッとなる程の圧倒的ちからの差

それを遠慮なくぶつけられ、泣いて謝る子供のように、恐怖を脳に刻みこまれる、、、

あまりに大きな身体、それは注目を集め、時に嘲笑の的となる

しかし今回は相手が悪かった、志乃にそれを向けてしまったからだ

その巨大な身体で相手をあっという間にさらってしまい、今は志乃の巨体の餌食となっている、、、

怪力で押さえられ、縄で縛られ、顔にマスクをかぶせられる

身体も動かせない、何も見えない中、志乃の150kgを超える大きな身体で、男を破壊していく、、、

有り余るほどついた贅肉が、男の身体を押さえつけていく、恐怖に包まれ、体中を強烈な暴力が襲い、男は後悔にさいなまれ続ける、、、

いつも潰しなれているのか、猟奇的な笑顔で圧し潰していく、、、

志乃の身体と圧し潰される男の顔のサイズに違和感を覚える、圧倒的な体格差を感じさせられ、絶望の中、楽しそうな志乃の笑顔が視界の端に見え隠れする、、、

生きた心地のしない男は、肉の海に溺れながら、事の深刻さに気付かされていく、、、

強烈な匂い、汗と愛汁でドロドロとなった股間が、大きく口を開けて、小動物を捕食するように喰らってゆく、、、

やわらかな太腿の感触とは裏腹に、絶望的な重量に顔を支配され、この世の地獄をさまよい続ける、、、

ぐっちゃあ、、、

ゆっくりと、優しく、味わうように、その巨大な太腿は男の顔面を飲み込んでいった、、、

溢れ出る愛汁、気持ち良さそうな志乃の喘ぎ声が部屋中を響かせる、、、

恐怖と包み込まれる安心感が同居する不思議な感覚に、男の理性は溶かされてゆく、、、

圧倒的な体格差、志乃の妖艶な喘ぎ声響く異質な空間で、男はその怪力と猟奇的な性癖に抵抗する気力を持てない、、、

されるがままに陰部を舐めさせられ、怪力で顔を押し付けられ、巨大な身体に支配され、おもちゃにされる、、、

巨大な獣と化した志乃を止められる者はもういない、、、

誰も近づけない狂気の暴力、その中心にいる男には同情を寄せたくなってくる、、、

男を破壊し尽くすと、次は女が狙われた、、、

その圧倒的体格差でおもちゃの様に振り回され、蹂躙される、、、

同じ人間とは思えないほどの体格差、絶望的な状況でなぶられ、犯される、、、

その巨体で、怪力で、猟奇的性癖とともに、、、

女は一瞬で服従した、もう敵わない、逆らえば殺される、本能がそう察知したのだろう、、、

志乃の求めるものを悟り、喜ばせるために、自身を捧げる、一抹の希望を持って、、、

しかし、そんな淡い期待は消し飛ばされた、、、

同性を憎むように、男以上の残酷な攻めが待っていた、、、

巨大な尻で圧し潰し、太腿で挟み潰す、女の顔が変形してしまう程の容赦ない残酷なシーンが繰り広げられる、、、

乗られ、潰され、破壊される、、、

華奢な身体が、少しだけ残っていた希望の理性が、ミシミシと音を立てて壊されていく、、、

志乃の猟奇的な笑い声と、喘ぎ声に包まれながら、、、

志乃は日常からこういう事を繰り返しているのか、、、

部屋には手錠があり、女はそれで拘束され、より恐怖感をそそられる、、、

可愛いペットのように女を巨大な太腿に挟み、上から眺める、、、

愛おしくなったのか志乃は女に向けて微笑みを向ける、、、

従順なおもちゃとなった女もそれに迎合するように微笑みを返す、、、

もはや志乃の犬となった女に現実社会に戻る理性は残っていなかった、、、

欲求不満女将、巨体で客を喰いつくす

「いらっしゃい、あなたも私と遊びたくて来たの?」

「遊ぶのは良いけど、覚悟してね。」

「私、気持ちよくなっちゃうと自分でも抑えられなくなっちゃうの♡」

「身体が大きいから、男の人を潰しちゃって病院送りにした事が何回もあるわ」

「それでもいいの?♡」

妖艶な顔立ち、肉に溢れた巨大な身体、ガリガリの男、、、

そして、愉悦に満たされた猟奇的な笑顔で、男を破壊し尽くす

のしかかり、踏みつけ、太腿で挟んで、、、

その世界観はさながら春川ナオミの作品の様に、、、

脳天を刺激するような生々しい破壊の数々が、あなたの頭を支配していく、、、

体格差は三倍はあるだろうか、、、

その強大な圧力に、抗う手段を持たない男は、首がもげそうな程捻り上げられ、、、

ただ自分の身体がこれ以上壊れてしまわない事を祈り、巨大な女将が満足して解放してくれる事を、待つしかない、、、

しかし、無尽蔵の性欲を持つ女将に向かって、そんな期待は叶うはずもないものだった、、、

逃げられないよう、縛り上げられ、150kgを超える体重が、強烈な匂いと愛汁をドロドロにまとい、男の顔面に容赦なく降ってくる、、、

ぐちゅ、、、ぐちゅ、、、

大量の愛汁の海に溺れながら、男はこの世の地獄とも、天国とも言えるような、カオスな空間に押し込まれる、、、

想像を絶するような重量が男を襲う、、、

ミシミシと頭はきしみ、顔面はなくなってしまったんじゃないかと思わされる程の重力を感じたところで

男の理性は消し飛んだ、、、

頭はパニック、失禁し、けいれん、それを見た女将は興奮が止まらない、、、

抑えられない衝動を爆発させ、悲惨なその後を男はたどる、、、

そしてまたひとり、女将の巨体に破壊された犠牲者が、増えてしまう事となった、、、

コンコンッ

「は~い」

「次はどんな子かしら♡」

ズシッ、ズシッ!!

次の来客が来たようだ、女将はその巨体を揺らし、迎えに出ていく、、、

その後はお決まりの流れだ、、、

圧倒的体格差と怪力で男を制圧し、縛り上げ、自由を奪う、、、

そして、女将の性奴隷として、役割を全うさせられる、、、

前戯も大迫力だ、、、

顔を喰らい尽くす様な濃厚なディープキス、、、

大きな手で顔を拘束し、ヒグマに襲われる様な、絶望的な愛撫が男を包み込んでいく、、、

肉の雪崩に巻き込まれ、呼吸もできない、、、

自然の脅威にも似た、絶望的な嬲りが、男をあきらめの境地へといざなう、、、

ぐちゅッ!ミシィッ!!ぐちゅうッ!!ミシィッ!!!

リズミカルに鳴るベッドの悲鳴と、女将の愛汁の海の波の音、、、

ベッドもろとも破壊してしまいそうな殺人的な顔面騎乗が、容赦なく男を襲う、、、

その迫力は、見る者の血の気を引かせてしまう程、、、

凄惨な事故現場に居合わせてしまった時の感情と似ているのかもしれない、、、

悲惨な男の顔面とは裏腹に、気持ち良さそうに軽快に腰を振る巨体の女将が対照的だ、、、

あまりにも体格差がありすぎて、体重を乗せるだけでも悲劇が起こる、、、

プライベートでも騎乗はよくしているらしいが、全体重は怖くて乗せられないとおっしゃっていた、、、

ズシッ!ギシィッ!!ズシッ!ギシィッ!!!

150kgの巨体がベッドの上で暴れまわる、、、

ベッドのフレームがきしむ音が響いている、どれだけの圧力がかかり続けているのだろうか、、、

リズミカルに鳴るベッドの悲鳴と、相対的な女将の愉悦に溢れた大きな喘ぎ声が、強烈な恐怖感を伴って部屋中に響きわたる、、、

ヒグマに襲い掛かられる様にグチャグチャに犯される、、、

そして、女将のボルテージは最高潮に、、、

終わらない夜が始まり、永遠にも思える男の絶望の旅もまた、始まりを告げた、、、

無料動画は5回までの視聴制限があります。

関連動画を見てまわって、気に入った動画に出会っても、詳細を確認することが出来なくなってしまいます

しかし、無料登録すれば視聴制限が解除され、無制限に視聴することが可能!

アカウントを作ることによって、お気に入りの動画をマイリスト登録し、レーベル別やカテゴリー別に整理しておくことで好きな動画へのアクセスも簡単になりますね。

DUGA mylist

登録はカンタン!30秒ほどで終わってしまいます!

下記のリンクボタンから登録ページへ飛び、空欄を埋めていくだけですぐに視聴制限を解除することができます。

DUGAでの無料登録を完了し、マニアックな動画たちを存分に楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 志乃さんかっこいいですね~私は志乃さんに会った事ないですが、どんな方なんでしょうね

    • 動画を見た感じ、ケガするのを気を使って少し衝撃を緩めたり、優しい感じのイメージがありますね☺️

      でもつい有り余るパワーで相手を破壊してしまいそうになるのが、またかっこいいですね✨

コメントする

CAPTCHA


目次